金利の低さと借りられるお金の多さ、銀行系を選べば安心です。

カードローンには銀行系と消費者金融系の2つがあります。

この2つの違いは銀行が運営にどう関係しているかなのですが、
それよりも大切なのはサービス内容の違いです。

まず金利がかなり違ってきます。
特に上限金利に関しては銀行系が14%程度
であることが多いのに対して、消費者金融系は18%ほどです。
1.3倍近い金利の差は利息にも大きく影響します。

そして借りられるお金の限度額もかなり違ってきます。
年収の3分の1までしか借り入れできない、総量規制と言うルールがあるのですが、銀行系はその対象外です。

もし両方が限度額500万円だったとしても、年収が500万円の方は銀行系であれば限度額の500万円まで借り入れできる可能性がありますが、
消費者金融系では160万円ほどまでしか不可能です。

そこまでのお金は必要ないかも知れませんが、
場合によっては期待したほど借りられないと言ったこともあり得ます。

ただ、銀行系の方が審査が厳しいと言われています。
とは言っても、普通に社会人として働いている方で
過去に支払いに関してトラブルを起こしていない、
たくさんの借入れを現在抱えていないのであればそれほど心配はありません。

消費者金融でもなにかしらのメリットはありますが、
低金利で使いやすい銀行系のカードローンはとても頼りになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です