イメージ一新した業界。

ひと昔前の消費者金融は路地裏に展開するダークなイメージがありました。
サラ金と呼ばれ高金利貸しや取立てが厳しい等社会的にも批判される一面があったのは事実です。しかし近年はゴールデンタイムのCМでも頻繁に見かける様になりかなりクリーンなイメージが定着してきた感があります。一時は星の数程存在していた業界ですが自己破産の増加や過払い金返還で利益を圧迫され廃業や合併に追い込まれ現在では大手の呼ばれる数社と中小数社程度になりました。グレーゾーンと呼ばれる金利は撤廃され利息制限法上限18.0%を元に営業を展開する形で利用者にとっても金利の負担は大幅に軽減されています。業界の魅力はキャッシングのパイオニアとして培ってきたスピーディ且つスムーズな受付にあると思います。近年はインターネットの普及で自宅居ながら融資を受けられるネットキャッシングが人気の様でその日に融資が受けられ所要時間も数十分という短さです。利用者の生活の一部として益々社会に貢献していく業界であると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です