総量規制とはなにか

キャッシングやカードローンを利用しようとすると良く聞く言葉に総量規制というものがあります。

総量規制は2010年の貸金業法の改正により導入された制度で貸金業法で規制される貸金業者から借り入れをする場合には年収の三分の一以上の借り入れができないという制度です。

もちろん貸金業者もすべての貸し付けを合計して年収の三分の一以上の貸し付けをすることができなくなりました。

この総量規制は多重債務者の問題が社会問題化して制度化されたもので、多重債務者をつくらないようにするために導入されました。

ただし、貸し付けを行う金融業者でも消費者金融を中心とする貸金業者にのみ適用されるので、銀行法によって規制を受ける銀行については総量規制は適用されません。
しかしその分銀行の貸し付けの審査のハードルは高いと言えますが。

注意しなければならないのはクレジットカードのキャッシング枠についてはすべてのクレジットカードのキャッシング枠に総量規制は適用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です